日本文化で忘れてはいけないのが年越しそば。新年を迎える為に毎年年越しそばが食されています。なんとなく習慣で食べている方も多いと思いますが、年越しそばにはとても大切な意味があります。ではその由来について早速お伝えしたいと思います。

健康長寿の祈願

年越しそば大晦日に食べるものといえば年越しそば。その由来はそばは細くて長い食べ物なので、元気に長く過ごすという健康長寿の縁起担ぎとして食べられるようになったのが始まりといわれています。また家長が長生きできるようにという祈願をこめて、新しい年を迎える為に食べられています。また江戸から始まったそば人気は、当時細工師がこぼれた金粉を集めるためにそば粉を使っていたことから、新しい年の金運がよくなるように願いを込めていたとも言われています。年越しそばは日本全国で現在も食べられていますが、それぞれの地域によって食べ方も異なりますよね。一人ひとりが新年に願いを込めて食べる大切な日本の風習なのです。





年越しそばを食べるタイミングについて

年越しそばは大晦日に食べるのが一般的です。では時間はいつ頃がいいのでしょうか。そばはうどんと異なり、ぼきっと折れてしまう点が特徴ですよね。そのためその年の厄落としとして食べる風習もあるため、除夜の鐘を聞きながら年越しそばを食べて新年を迎えるという方も多いようです。

地方によっては元旦に食べる習わしがある地域も存在するようですね。一般的には大晦日の夕飯時に年越しそばを食べることが多いと思いますが、正確には食べるタイミングは決まっていません。新年に願いを込める為に大晦日であれば、いつでも良いというのが一般的になっています。人気のそば店では深夜すぎも大変混雑するほど、大晦日には欠かせない食べ物ですね。

年越しそばの食べ方

ざるそばそばはざるそば、温かいそばなど食べ方も色々です。大晦日の年越しそばは特に食べ方に決まりはありません。あくまでも縁起担ぎとして食べるものなので、美味しく食べられる方法であればよいのでしょう。地域によってはいろいろなトッピングを使ったり、食べ方もバリエーションが異なります。年越しそばとして多いのは蕎麦粉の香りを楽しむために、ざるそばで食べることが多いようですね。また地域によってはそばでなくうどんを食べるところもあります。年越しそばを食べることを通じて、家族団らんの時間として新しい一年に向けて祈願することが大切なのでしょう。その年の締めくくりとしてそばは大切な日本の食文化になっているのです。